F様邸 セメント瓦葺き替え工事 3

リフォーム・新築情報

2012年06月06日

 

火曜日(6/5)です。

 

 

 

瓦屋さんが桟木(さんぎ)を打っています。

 

桟木に瓦を引っ掛け、そこに釘を打ちます。

 

もし水が浸入しても水が外に流れて出るように

桟木の下が、切りかいであります。

 

 

 

 

 

全ての瓦に(軒先は2本ずつ、その他は1本ずつ)釘を打ちます。

(昔の瓦は2~3枚に1本ぐらいしか釘を打っていないところも多いと思います。)

 

 

 

 

この瓦は平板防災瓦(石州)と呼ばれるもので、

防災ラッチが付いています。

 

 

その防災ラッチで

下の瓦が上の瓦を押さえ込み、

瓦の浮き上がりを防ぐ仕組みになっています。

 

 

平面は大体葺き終わり、

水曜日(6/6)にはケラバや棟を仕舞っていきます。

 

 

 

 

カレンダー

2020年9月
« 5月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

地域に密着しお客様満足度100%の住まい造り

MENU

ディホームブログ