第3回 ジュニア玉名杯

ブログ

2012年08月31日

 

 

熊本県玉名市桃田運動公園総合体育館で

『第3回 ジュニア玉名杯』 が開催されました。

 

 

試合は土日で行われ、

土曜日に団体戦と個人戦の1回戦、

日曜日に個人戦の続きを行います。

 

 

 

この大会は計量があり、

申込み階級より1kgオーバーまで認めてもらえます。

 

例えば22kg級の場合は、計量時に23kgまではOKなのですが、

夏休みでダラダラしていたせいか、

大会前、大畠レスリングのほとんどの人が

1kg以上オーバーしているという事態に陥っていました。

 

もちろん土肥家も例外ではなく、ケイトが24kg級なのに25.5kg1.5kgオーバーで、

シュリなんか大会2日前で22kg級なのに23.7kg1.7kgもオーバーしていました。

 

 

「児童クラブに行ったら外で遊びまくれ!」(夏休みなので児童クラブに預けています)

と言って児童クラブに連れて行き、

夕方連れて帰って体重を量ると・・・

 

 

ケイト 25.3kg・・・

 

「おぉ!ちょっと減ったねぇ。」

 

「だって外でずっとサッカーしよったもん」

 

「この調子なら大丈夫じゃろ」

 

 

 

シュリ 23.8kg・・・

 

「は?なんで100g増えちょん!?」

 

「わからん・・・」

 

「外で遊ばんかったん?」

 

「・・・うん」

 

「何で外で遊ばんかったん?何しよったん?」

 

「ままごと」

 

「ままごと!?よりによってままごと!?

ネジ座って遊びの中でもかなりカロリー消費が少なそうな、あのままごと!?」

 

「うん」

 

「・・・・・・」

 

 

しょうがなく食事制限するため買い物に行き

「ねぇねぇ、これカロリー少ないけぇええじゃろ?」とか

「これ砂糖入ってないけぇ大丈夫じゃろ」とか言いながら

豆腐や納豆、コンニャク、脂肪ゼロのヨーグルトなどを買い込み帰宅。

 

 

ネギとおろしショウガをのせた冷奴のうまさや、

砂糖が入っていないヨーグルトのまずさを痛感しつつ減量をしていました。

 

 

 

そして大会前日の夜には

 

ケイト 24.7kg

 

シュリ 22.8kg

 

「よかったー。これで試合に出れるね。」

 

 

 

 

大会当日・・・

 

今回は『徳山チビッ子レスリング』と一緒に

バスで行かせてもらえることになっていて、

徳山レスリングの方がかなり人数も多く、

ちょっとアウェー感がある中、出発しました。

 

 

 

朝4時起きだったせいか、しばらく走っているとケイトが爆睡。

 

 

ユイトのお母さんに頭を支えてもらっています。

(ありがとうございました)

 

 

 

またしばらくすると、後ろの方から

『カイジ』ぐらい「ざわざわ」聞こえてきました。

 

「目が開いちょる・・・」

「起きちょるんじゃないん・・・」

 

土肥家としては、いつもの事なので、なんとも思わないのですが、

どうやらケイトが寝ているにもかかわらず、

ユイトが起きている時より目が開いたからだと思います。

(そこまでではないかもしれませんが・・・)

 

 

多分、目がデカ過ぎて、まぶたが足りていないのでしょう。

他のみんなは初めて見る光景なので、かなり衝撃が大きかったみたいです。

 

 

 

途中、バスのエアコンが効かなくなるというハプニングはありましたが

無事会場に着き、すぐに計量。

 

 

 

 

みんな計量をパスしていき

ケイトの番・・・

 

 

21.8kg・・・

 

え?

その手はダメじゃろ・・・

 

 

ちゃんと量りなおして無事にパス。

 

減量の甲斐あってみんなパスできました。

 

 

 

そして徳山のみんなと一緒にアップ

 

 

 

 

 

 

アップも終わり開会式まで待機。

 

 

くつろぎ過ぎじゃろ・・・。

 

 

 

 

そして開会式

 

 

 

開会式が終わると、すぐに団体戦。

 

大畠だけでは人数が足りないので

『ファイブスター』の皆さんと一緒に出場。

 

ちゃんとした団体戦に出るのは始めてで、

緊張のあまり弁当が食べれない子もいました。

 

 

今まではずっと個人戦だけで、

負けても「自分の事」という感じが強かったですが、

団体戦は自分の勝敗がチームの勝敗に影響してくるので、

みんな不安そうな顔をしていました。

 

 

 

 

そして団体戦が始まり、

全部で3試合行われ、ファイブスターのみんなも、

大畠のみんなもがんばってたけど、

残念ながら団体戦としては1勝もすることが出来ませんでした。

 

 

でも、初めて団体戦をして、

緊張や、他のみんなのために戦う気持ちなど

みんなすごくいい経験が出来たと思います。

 

しかも、公式の試合でケイトが10ヶ月ぶりぐらいに勝利を収め、

嫁は優勝したんかってぐらい飛び跳ねていて

ヒクぐらい喜んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

団体戦の表彰式も終わり、続いて個人戦です。

 

個人戦はトーナメント方式なので、1度でも負けたら終わりです。

 

 

 

 

個人戦が始まり、すぐハルトの試合。

 

 

団体戦を3試合やったあとで疲れていたのか、

練習をまじめにしないからか、残念ながら負けてしまいました。

 

試合に負けると「大はぶて」で、

長い時は2時間ぐらいはぶてているのですが、

最近は30分切るぐらいの好タイムを叩き出し

だんだん成長(?)している様に思います。

 

 

 

 

その後すぐシュリの試合。

 

アップ中に足がグネったとかで、若干ビッコを引いていたのですが

救護の方にアイシングとテーピングをしていただき、

試合に臨みました。

 

 

先生から、再三にわたり「やめなさい」と注意を受けている

『クワガタタックル』をちょうどやろうとしている時の写真です。

 

試合にはなんとか勝ちましたが、次の大会までにはこのタックルをなおして欲しいです。

 

 

シュリの試合中に、別のマットでリオの試合があって、

試合は見れなかったけど、リオも勝ったみたいです。

 

 

そして大会1日目が終了。

 

 

 

 

ホテルに帰り、夕食を食べて、次の日は6時起きなので

早く寝ればいいのに、普通に『ワンピース』の映画を最後まで見たため

寝るのは12時ぐらいになってしまいました。

 

嫁のベッドにケイトが、僕のベッドにシュリが寝ていたはずなのに

朝起きると僕のベッドになぜかケイトが上半身裸で寝ていました。

 

嫁の寝相が悪いのか何なのかはわかりませんが、

シングルのベッドに大人1人と子供2人はかなりきつく

ほとんど身動きが取れない中、

隣のベッドを見ると嫁が余裕の寝顔を見せていたので

イラっときて、すぐに全員起こしました。

 

 

 

朝ごはんを食べている時、

 

「昨日何時に寝た?」とか

「今日の試合の相手、前やった事ある人じゃあ」とか話す中、

 

ケイトが突然

 

「あのさぁ、最近さぁ、お笑い芸人の『ゆってぃ』ってテレビ出んよね。なんしよんかねぇ?」

 

「・・・・・・」

 

2・3秒『時』を止め、

そしてみんな何事もなかったかのように他の会話を始めていました。

 

 

リオの試合前の『中国の結婚式と葬式の服装発言』といい、どこかズレているケイト。

 

 

あまりにもかわいそうだったので、

「みんな聞いてくれんかったね」

と、話しかけると

「いや、あれ独り言よ」

と、かなり苦しくベタな言い訳をしていました。

 

いや、むしろあれが独り言の方がヤバいじゃろ・・・。

つーか、『ゆってぃ』の心配せんでえぇけぇ、自分の心配せぇやって感じでした。

 

 

ごはんを食べ終わり、会場に出発。

 

 

 

会場に着くとすぐに徳山と一緒にアップを開始。

 

 

我らが大畠レスリングの代表もみんなの手本となるように一緒にアップしています。

 

 

 

集合して

 

 

徳山の先生方のありがたいお話お聞き、

各自試合に備える中、シュリがまだ若干足を引きずっていたので

 

「まだ足痛いん?昨日の夜ホテルで飛び跳ねよったじゃ?」

 

「なんか知らんけど、朝になったらまた痛くなった。」

 

と言うので、また救護の方のところへ向かうと、

 

「今日は整体の先生が来てくれるから、ちょっとまっとってね。」

 

少し待つと整体の先生が来て、テーピングをしていただきました。

 

 

「もし負けたらすぐに剥がしてね。かぶれやすいので。」

と、先生に言われ

「いや、優勝するはずなんで、かぶれるかもしれません。」

と、冗談で言っていました。

 

 

 

 

しばらくしてサクラの試合

 

 

サクラはがんばっていたけど1回戦敗退してしまいました。

 

 

 

次にユイトとケイトの試合

 

 

 

 

ケイトの連敗記録が団体戦の時に止まったと思ったのも束の間、

ケイトもユイトも残念ながら1回戦敗退。

 

でも、その後の参考試合ではなんとか勝つ事ができました。

 

 

 

リオは

 

 

準決勝で勝って決勝に

 

 

 

タカトは

 

 

不戦勝で、クネっと余裕のポーズ。

 

 

 

アヤナも

 

 

準決勝で勝って決勝に

 

しかし、その後の決勝で、

健闘むなしく、リオもアヤナも負けてしまい準優勝。

 

でも良くがんばっていました。

 

 

 

その後タカトが準決勝で負けてしまい、3位決定戦へ

 

 

3位決定戦に勝利し、3位になれました。

 

タカは練習本気でやれば結構イケると思うんですが・・・。

 

 

 

 

シュリはその後2回勝ち、決勝へ

 

決勝も先生から「やるな」と再三注意を受けている

お得意の『クワガタタックル』を連発したにもかかわらず、

 

 

テーピングのお陰で見事勝利。

優勝することができました。

 

 

その後、整体の先生も心配して見に来て下さって

 

「試合はどうでしたか?」

 

「冗談で言っていたのに、お陰で優勝することが出来ました。」

 

「よかったですね。テーピング剥がしておいてくださいね。」

 

「はい、ありがとうございました。」

 

そのまま表彰式に行ったので剥がすのを忘れていて

結局、帰りにシューズを脱ぐまでテーピングを貼っていました。

 

 

 

表彰式

 

 

 

 

 

 

今大会の大畠レスリングの結果は

 

金メダル・・・・・1名

 

銀メダル・・・・・2名

 

銅メダル・・・・・1名

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この大会の反省点を踏まえ、練習に励み

次は県大(?)に向けてがんばろうね!!!

 

 

 

一緒に連れて行ってくれて、何から何まで色々面倒を見ていただいた

『徳山チビッ子レスリング』の先生方保護者の皆様、そして子供たち、

 

団体戦を一緒に出ていただいた

『ファイブスター』の先生方、子供たち、そして保護者の皆様、

 

団体戦申込みの不手際で、大変ご迷惑をお掛けした

『タイガーキッズレスリングクラブ』の先生方、

 

救護の方々、整体の先生、

大会の準備及び片付けをしていただいた方々、

 

本当にありがとうございました!!!

 

またよろしくお願い致します

 

 

 

 

 

 

その晩、疲れて帰って寝ているケイトの目は

 

 

当然の様に開いていました。

 

 

 

 

カレンダー

2020年9月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

地域に密着しお客様満足度100%の住まい造り

MENU

ディホームブログ