大浮世絵展

ブログ

2014年06月30日

 

山口県立美術館で 開催されている浮世絵展に行って来ました。

東京・名古屋 そして、山口 3大都市!?のみの開催ということで…

 

前宣も 大々的なものでした。  何の予備知識もなく ゴッホが浮世絵おたくだった。

なんて 言われていたので、どの様な絵・版画にお目にかかれるか 楽しみに出かけました。

 

土・日はぎゅうぎゅう詰めが予想されるので 平日にしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

県庁前のパークロードの外灯には 大々的にバナー(幕)が掛けてありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場から地下道を抜けると 県立美術館前に辿り着きます。

 

もう!!これを見ただけでWAKU!WAKU! します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人出は まあまあ でした。

想像していたよりゆっくり見て回れました。

 

海外の美術館が持っている方が日本にあるより 多かった。

その昔 日本では、数多くあった浮世絵が 外国人に 珍重され 持ち帰り 大切に保存されてきたのでしょう。   

クール ジャパン じゃ!!

 

見たかったガイコツの浮世絵(相馬の古内裏)も見ることが出来ました。

妖怪者好きの私は、 うっとり でした。

昔は、和紙の大きさが限られていたのか 思ったほど大きな絵ではありませんでした。

 

地味な浮世絵 派手な浮世絵  色々 鑑賞し 少し疲れたので

喫茶で お茶をすることにしました。

浮世絵ラテ というのが あったので 注文してみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが、こちらです。

 

すごいよね。。。。  本物の浮世絵以上に感動でした。

猫サブレは注文したけど  食べた後、気が付いたので 見本を 写しました。

室長夫婦に 歌舞伎の隈取パックがあったので、おみあげに買って帰りました。

近々、美しくなった2人がブログに登場するでしょう。

お楽しみに~~~~~~~!!

カレンダー

2020年9月
« 8月  
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 

アーカイブ

地域に密着しお客様満足度100%の住まい造り

MENU

ディホームブログ